トップページへ
 ゲーム制作ツール
 2D格闘ツクール2nd.
ジャンル
2D格闘ゲーム制作ツール(市販品)

特徴
自分で作成したグラフィックや音楽を素材として、オリジナル格闘ゲームが作成可能。
キャラクタ動作:ステージに登場するキャラクタ、技の設定など
ステージ設定:迫力あるステージ演出、ストーリーモードの分岐設定
デモ設定:キャラセレクト画面、ストーリーデモや勝ちセリフなど
アニメーション:グラフィック取り込み、技の設定、当たり判定

上記4点がエディタとして実装されており、サブウインドウとして開いて連携できるため、非常に使いやすくなっている。



単なるツールでなく、スクリプトと変数が使えることも大きな特徴。例えば瀕死になった場合あるコマンドを入力すると強力なパンチが打てたり、ある技からしか連携できないコンボを発動させたり、多彩な表現が可能になっている。

システムが充実しているため、上手に使いこなすことでほとんどの市販されている対戦格闘作品のシステムをほぼ遜色無く再現することができる。応用次第ではゲームは対戦格闘に限らず、例えば格闘ゲーム風のアクションゲーム、多数の敵キャラクター相手にプレイヤー一人で戦うようなゲームなども作れる。

以前の格闘ツクール95からスクリプト命令が大幅に追加されており、変数や入力コマンドを使用した条件設定、画像の色変更やフラッシュなどの演出機能、多彩な動きの設定が可能になったオブジェクト機能、ストーリーモードの分岐設定機能など、作れるゲームが幅広くなっている。



動作環境
OS:Windows95/98/Me/2000日本語版
DirectX:要DirectX7以上
CPU:PentiumIII400メガヘルツ以上
メモリー:64メガバイト以上
ハードディスク容量:最低100メガバイトの空き容量
グラフィックカード:4メガバイト以上のビデオメモリーを搭載し、
解像度800×600以上でハイカラー表示が可能なもの
サウンドカード:サウンドブラスター互換音源、かつPCM音源を搭載したもの

関連サイト
2D格闘ツクール2nd.オフィシャルサイト




|  トップページ | このサイトについて | 利用規約 | ご意見・お問い合わせ |

TonyuアクションRPG - ゲームプログラミング解説 -