トップページへ
 ゲーム制作ツール
 MaxActionMaker
ジャンル
アクションゲーム制作ツール

特徴
自機、敵キャラ、壁、障害物を配置していくだけでゲーム作成ができる。
ゲーム制作入門用としては最適なツール。敵は上から踏みつけることで倒していくことができる。

マップエディットの他、制限時間、アニメーションの速度、効果音、ジャンプ力などのパラメータを設定することができる。シンプルであるため演出など多くの機能は持たないが、比較的広い2次元のマップを作成できるため、迷路を作るなどアイデアを盛り込むことによってゲームの幅を広げることができる。

MaxActionMakerはゲーム制作専用のソフトであるため、ゲーム実行にはMaxActionが必要になる。両方ともフリーウェアで、公式サイトからダウンロードできる。ゲームの公開も無料で行うことが可能。公式サイトにはゲーム制作方法の解説があり、MaxActionMakerで作成されたゲームが公開されている。


動作環境
最低動作環境
CPU :PentiumU以上
メモリ :32MB以上
解像度 :800*600以上

推奨環境
Windows Me 2000 XP等 
解像度 1028*960以上 表示色数32bit色


関連サイト
^迷走局




|  トップページ | このサイトについて | 利用規約 | ご意見・お問い合わせ |

TonyuアクションRPG - ゲームプログラミング解説 -